MissCampus Summit 一般社団法人の設立について

MCAJ発足

ミスキャンパスサミットとは

2011年の東日本大震災以降、外国人観光客が激減してしまいました。

そのような環境下、将来を担う学生が各国と積極的に交流し、「日本の安全と元気」を諸外国にPRする、

その舞台を「ミスキャンパスサミット」として発足しました。

第一回は関東関西の主要大学と、中国、インドネシア、ベトナム、シンガポールのミスキャンパスが鳥取・神戸・京都に集い開催しました。

第一回MCS

第一回MCS

 

 

 

 

 

 

そして第二回のミスキャンパスサミットでは、今後しっかり組織化して後輩に繋げていく企画としてミスキャンパス実行委員会を設立致しました。

第二回MCS

第三回のミスキャンパスサミットは、アジアのミスキャンパスも後輩にバトンが渡り、東北での開催をいたしました。東日本大震災から3年が経とうとしたころ、富士山の世界遺産登録や東京オリンピック決定など、日本は次第に元気を取り戻しつつありますが、復興の手は未だ被災地全土に行き届いておらず、被災地への関心は徐々に風化しつつあるとし、大きな代償を払った東日本大震災の経験を、将来世代の学生が、風化させず、日本の魅力と素晴らしさを国内外に発信し、少しでも日本が、被災地が元気になれるように貢献したいと考え、東北での開催を決定致しました。

第三回MCS

第三回MCS②

 

 

 

 

 

一般社団法人の設立

そして、第二回ミスキャンパスサミットにて組織された、ミスキャンパス実行委員会をより確固たるものにし、アジア・日本のミスキャンパスの輪をより広げ、団体理念・活動について広く周知することを目的とし、2015年度に一般社団法人ミスキャンパスサミット委員会(略称MCS委員会)を設立致しました。

理事にはアジアのミスキャンパス6名と慶應義塾大学の現役大学生でミス慶應コンテスト2015統括の木村聡を選任いたしました。MCS委員会の立ち上げにあたり、MCS委員会理事のアジアのミスキャンパス(インドネシア、ベトナム、シンガポール)を招き、一般社団法人設立から次回のミスキャンパスサミット開催に向けての協議を、日本の主要大学のミスキャンパス及びミスキャンパス運営団体と行いました。また、学生世代へ向けた発信力を持つ象徴としてミスキャンパスを位置付け、社会や地域への貢献を目指して主要大学のミスキャンパスが連携する、ミスキャンパスアソシエーション インジャパン(略称MCAJ)が結成されました。

今後、慶應義塾大学、東京大学、立教大学、学習院大学、中央大学、日本大学芸術学部、首都大学東京、東京理科大学、國學院大學、実践女子大学、同志社大学、関西学院大学の12大学がMCAJの常任理事校として活動して参ります。

20150629-320150629-520150629-4

 

 

関連記事

  1. 盆栽フェス
    平成29年4月に開催される「第8回世界盆栽大会inさいたま」を5か月後に控え、大会を記念して、平成2…
  2. jcf2016_flyer
    ワオ・コーポレーションpresents 第14回JCF学生映画祭が、11月25日(金)、11月26日…
  3. eb649044c9479c9c784212c1e285c6be_s
      こちらのページでは、熊本県内の各自治体の社会福祉協議会が公開しているボランティア情報についてお…
  1. sabaemegane

    ミスキャンパスファイナリストも応援!! 福井県鯖江市サバエメガネメッセ開催!

  2. eb649044c9479c9c784212c1e285c6be_s

    【熊本・九州地震】熊本県内各地のボランティア情報

ページ上部へ戻る